会社概要

  1. HOME
  2. 会社概要
  3. 会社案内
畑萬陶苑
会社案内
アクセス
伝統工芸士 畑石眞嗣
ショールーム・製造工場
製造工程
プレス情報
大川内山
鍋島の歴史と大川内山

沿革

伝統の美、創造の芸、畑萬イズム
受け継がれる美、新しく創り出す芸と術。
不易流行とルネッサンスのマインドで、世界に通用する芸術文化を創り出すことが、私たちの使命だと考えています。

昭和元年(1926年)、畑石萬太郎により創設されました。
材料はすべて自給自足でマキを集めるにも苦労していた時期もあり、わずかな生産力でありましたが、その後の燃料革命により生産力も向上していきました。
当時の窯名は萬洋、畑萬としての山水絵が始まりました。

戦後、二代目・畑石春幸が畑萬製陶所を設立しました。銀座三越において山水の売り出しに取り組み、一躍畑萬としてのブランドが知られるようになりました。

二代目が病気で亡くなってから三代目・畑石正博が後を継ぎ、高級食器としてのイメージに励み、社名を畑萬陶苑と改め、量よりも質を大事に手仕事の良さをこつこつと積み重ね、技術の継承と後継者の育成に力を注ぎました。また墨山水という独自性のある商品も苦労の末、開発されました。

昭和六十年(1985年)、有限会社・畑萬陶苑として法人に移行。
平成二年、四代目・畑石眞嗣が社長として就任し、低温度焼成法に着手。その応用で卑弥呼人形像が開発されました。また、ランプシェードは九州山口陶磁展で通産大臣賞を受賞し、畑萬ブランドとしてもファンを増やしていきました。
ひな人形や鍋島シリーズなどを展開し、伝統技術の担い手として現在に至ります。

経営理念

こころからこころへ
お客様の心に響く "心を込めたものづくり" を通して、真の豊かな生活文化を提案します。

企業スローガン

心を込めたものづくり
職人魂を統率し、時代の変化に対応した新しいデザインを目指した畑萬ブランドを確立します。
日本の伝統美に視点を当て、巧みの技を生かし、心を込めて洗練されたものづくりを行います。

ビジョン

藩窯と呼ばれた歴史の背景の中で、伊万里鍋島焼窯元としての伝統工芸の継承と共に、新たなる鍋島の創造を心がけ、使い手と作り手の交流を図れる企業であること。また、地域に根ざし地域の糧となる企業を目指します。

概要

会社名 有限会社 畑萬陶苑
所在地 〒848-0025 佐賀県伊万里市大川内町乙1820
TEL 0955-23-2784
FAX 0955-22-7629
E-mail info@hataman.jp
代表取締役社長 畑石眞嗣
事業内容 伊万里鍋島焼陶磁器製造業及び販売
page top