会社概要

  1. HOME
  2. 会社概要
  3. 製造工程
畑萬陶苑
会社案内
アクセス
伝統工芸士 畑石眞嗣
ショールーム・製造工場
製造工程
プレス情報
大川内山
鍋島の歴史と大川内山

1.成型

成型

「ろくろ成形」、「型作り」、「鋳込み」の方法で形を整え、削り仕上げをして乾燥させます。

2.素焼き・素焼

素焼き・素焼

素焼は、下絵付や、釉薬をしやすくするための工程で、900~1000度で焼き締めます。

3.素焼き・素焼

下絵付・下描き

ひょうたん墨(ひょうたんを炭にしって作った墨)で薄い和紙に絵や模様を描き、素焼にあててこすりだし生地に写します。現在は桐を炭にしたものを使っています。

4.下絵付・線書き

下絵付・線書き

細筆で素焼の生地に呉須(コバルト化合物を含む鉱物絵具)等で絵や模様を描きます。

5.下絵付・濃み

下絵付・濃み

筆先が太い濃み筆で素焼生地に線描きされた絵柄や模様に呉須を流すように描き込んでいきます。

6.釉薬・釉薬掛け

釉薬・釉薬掛け

陶磁器の表面をおおうガラス質の皮膜のことで、装飾や防水の目的で施され、掛け方には浸し掛け、流し掛け、塗り掛けなどの手法があります。

7.本焼

本焼

釉薬掛けを終えた後に行う焼成で、焙り、責め、吹上げの三段階に分けて、約1300度の高温で焼き上げます。

8.赤絵付・赤濃み

赤絵付・赤濃み

赤や緑や黄、藍などに加え、金銀等多彩な色絵具を用いて、釉薬を掛けて本焼した器物に絵や模様を上絵付する装飾法で赤濃は筆に付ける絵具と水分のバランスをとりながらボカシの技法を用いたりします。

9.赤絵付・盛濃み

赤絵付・盛濃み

釉薬を掛けて本焼した器物に絵や模様を上絵付する装飾法で盛濃みは和絵具を厚く塗りつぶしていきますが焼き上げるとガラス質の透明感のある神秘的な色になります。

10.赤絵焼成・完成品

赤絵焼成・完成品

赤絵付を終えた後に行う焼成で、絵具の種類によって780~800度の低温で焼成されます。

page top